10月16日(水)台風による交通手段不通のため休校となります。
2013.10.16 Wed l お知らせ l コメント (4) トラックバック (0) l top
9月25日の体育祭は中止です。

通常授業となります。

9月27日(金)に順延となります。
2013.09.25 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top



2013.09.18 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
卒業は終わりじゃないんだ。ここがスタートなんだ。

卒業式が終わり、会場の脇でサッカー部の3年生が、
”青春武南時代”最後の集合をしていました。
武南高校入試の面接で、

「武南高校を志望した理由を聞かせてください。」と尋ねると

「華麗なパスサッカーに憧れたからです。」

そう目をギラギラさせて答えてくれた生徒も輪の中で笑っていました。

今年のチームは、新人戦優勝、関東大会出場、
インターハイ全国準優勝、プリンスリーグへ昇格、
でも選手権予選では優勝候補に挙げられながらも、
本来の力を出し切れず敗退。
大きなよろこびだけでなく、悔しさもしっかり味わって、
人として成長してきた部員達の顔には、
たくましさがにじみ出ていました。

監督、コーチ陣を前にして、
常勝武南高校サッカー部をまとめてきたキャプテンは、
感極まって…言葉になりません。

DSC_4619m2.jpg

仲間達の温かいジョークに励まされ、
やっとのことで寄せ書きを手渡します。

DSC_4622m2.jpg

大山監督から、新たなピッチに向かう卒業生達に
”最後の、そして、永遠に心に留めておくべき作戦”が授けられました。

DSC_4639m22.jpg

「卒業は終わりじゃないんだ。ここがスタートなんだ。
そのために3年間準備してきたんだ。
どんな形でもいいから人生で成功して欲しい。」

DSC_4645m2.jpgDSC_4652m2.jpg

武南サッカー部を半世紀近く指導してきた大山先生の言葉は、
短いけれど、生徒たちに色々な思いを蘇させるのに余りあるものでした。
そして、堪えてきた感情が、ついに抑えきれなくなります。

DSC_4658m2.jpg

サッカー部3年生揃っての記念写真では、
1、2年生、同級生、保護者の方々が殺到していました。

これだよ~これが武南の素晴らしさだろう。
青春ドラマよりもリアルな感動に酔いしれました。



2013.03.05 Tue l サッカー部 l コメント (1) トラックバック (0) l top
積雪に関するお知らせ


○交通機関混乱時の登校について(原則)

1) 午前6時の段階で、JR京浜東北線が運休している場合は自宅待機とします。午前11時までに復旧した場合は、復旧の2時間後より授業を開始します。ただし、復旧が午前11時以降の場合は休校とします。

2) 生徒の登校には、自宅付近の状況や交通機関の乱れなどに、十分に注意してください。さらに、交通の混雑その他の事情により登校できない場合は、翌日、その旨を申し出てください。ただし公欠にはなりません。

3) 自転車および徒歩通学の者も上記1)に準じて登校してください。




通学する際は、気を付けて登校するようにしてください。


2013.02.06 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
『48秒の中で輝きたい!』

武南高校陸上競技部出身、オリンピックに3大会も出場した陸上競技界のスーパースター山崎一彦先輩は、スランプになることもなく、勝ち続けた強靭な男ではありませんでした。「48秒の中で輝きたい。そのためにどうすればいいのか。」自問自答し続け、諦めずにまじめに取り組んだ努力の人だったのです。

今日は、シドニーオリンピック前、陸上選手としても悩んでいた時に、武南高校の3年生を送る会のゲストとして壇上に立ってくれた時の話の抜粋をご紹介します。


<講演より抜粋>
私が武南高校に入学したのは、中学時代(与野市立八王子中学校)に陸上部で110mハードルを練習していたのですが、顧問の先生の異動することとなり、また椎間板ヘルニアで腰を痛めてもいたので、挫折しかかっていた時、中学の顧問の先生に、「武南へ練習に行って来い!」と言われ、ハードルの練習を武南の陸上競技部の先生にみてもらったのが入学したきっかけです。

武南高校に入学してから400mハードルを始めました。トラックー周の中にハードルが10台並んでいる、そういう種目です。たまたま400mが速かったので始めたのですが、高知インターハイで4位、北海道国体では優勝しました。そのころから同学年の斎藤選手がライバルとして現れました。大学では彼に一度も勝てませんでした。

大学へは、陸上をやる目的で入りました。大学は楽しいところです。合コンやらお酒飲んだりと遊びがいっぱいある中で、私は陸上と勉学を両立していくことを目標としました。大学でのトレーニングは、監督がいてのつきっきりの練習ではなく、自分で目標を定め自由に練習をします。私は、前日に遊んでも、翌日はちゃんと練習をする。それを自分の約束事としました。バルセロナオリンピックを目指して頑張ってはいましたが、練習もやるが遊んでもいたためライバルに勝てませんでした。記録が伸びないのです。

追い討ちをかけたのが、大学2年の頃、不況で父の会社が倒産したことです。今まで親の金で大学に入り、遊んでもいましたが、父の会社が倒産したことをきっかけにして、陸上一本でやる。陸上にかける。自らが変わらなければと、それが転機になりました。

その当時、私は、“第3の男”と言われていました。400メートルハードルでは、私より速い人が2人いました。ずっとこの2人には勝てないのです。ですが、努力が実り、大学3年の時の1992年、バルセロナオリンピックに出場しました。その後94年に無事大学を卒業しましたが、卒業目前まで就職が決まりませんでした。景気が悪く、陸上をやってお金をもらうことは、たとえ、オリンピックに出ていても、まったく就職ができないのです。

マラソンや箱根駅伝などはマスコミなどで大きく取り上げられています。ある企業の社長から「君の種目はテレビに映るのは1分だが、マラソンは2時間だ。」と言われました。企業に入る以上、宣伝の媒休として使われる。そのひと言で私は今まで何をやっていたのだろう、私のやってきたことが否定された気持ちになり少し落ち込んでしまいました。

デサントに拾ってもらったのは卒業間際でした。この年、箱根駅伝で母校の順天堂大学が優勝しました。デサントは順天堂大学のユニホ→ムの契約を取りたかったのでしよう、私はその交換でデサントに採用されました。

私はプロとしてやっていこうと思いました。会社からお金をもらう以上、成績で私の給料が決まります。このころ“第3の男”が、第4の…、第5の男になっていました。漠然と練習しているだけでは、成績は上がりません。成績を上けるために私は海外に行きました。当時は世界ランキンク16位でした。

世界に出ると知らない人ばかりです。試合も全然ありません。「山崎ってだれ?」とこんな感じです。草試合のような試合しかありませんので、これではメシが食えません。海外で試合に出られれば3日間ぐらいはご飯が食べられます。こういう状態で安いホテルに一人の生活が続きます。やっと試合が出られるころには精神的にもまいっていて、成果も上がりませんでした。海外では一人ですから自分を表現しなければ埋没してしまいます。しゃべれなくとも開き直ろうと自分の考えを変え、そうすることで自分の世界が広がっていきました。

1995時の世界選手権で7位に入賞しました。様々な経験から、違った角度から物事を考えられるようになり、試合前のビビリが一気になくなりました。「緊張するな」と言われると緊張してしまうものですが、私は緊張すると走ることができるように、緊張を自分の味方にして自分を高めていました。この頃、アトランタオリンピックが最大の目標でした。世界選手権7位だったことから、「次はメダルだ」等々新聞は書き立てました。ですが…結果は予選落ちでした。この4年間はバルセロナオリンピックもアトランタオリンピックも予選落ちでした。バルセロナは実力通りの予選落ちなら、アトランタは期待された中での予選落ちでした。後半に抜かれてしまいました。最後のハードルをトップで越え、その後2人に抜かれたのです。流したつもりはありませんでした。それまで新聞は「期待」等書いていて、この試合を手の平を返したように「流した」とか「慢心」と書きました。私はいったい何をしていたのだろうなど心に整理がつきませんでした。何のためのオリンピックだったのだろうか。

1997年の世界選手権に再起をかけました。オリンピックの失敗を繰り返えしてはいけないと。しかし、この時ほど心のバランスの大切さを痛感したことはありません。この大会では準決勝でアキレス腱が痛くて途中棄権しました。どうして痛くなったのか、それはオリンピックでの失敗もあり、心のどこかで「やりたくない」、しかし、「やらなければ」という葛藤が、ケガとなって現れたのだと思います。いやいやだと本当にケガをします。ケガしてから3ケ月間走れませんでした。

人に勝ちたいと思っていても、どうしても負けてばかり。タイムにもはっきり現れ、私が休んでいる間に自分の持っていた日本記録もなくなってしまいました。しかし、私は、この間、負けることを恐れてはいけない、勝負をうやむやにしてはいけない、たとえ負けても負けから学び次の練習につないでいこう。ということを学びました。

私の今後の日標はシドニーオリンピックです。(1999年当時)シドニーではアトランタの失敗をどうしても取りかえしたいと思っています。29歳になり、ケガが治るかどうかもわかりません。どうなっていくか楽しんでいます。今は落ち目です。スランプに陥っています。「あいつは今までの名声が終わった」とも言われています。あと2年です。マラソンばかりテレビで放映されていて、みなさんは陸上を見る機会がないかも知れません。私は48秒に凝縮された中で輝きたいと思います。アトランタオリンピック以降48秒のために頑張ってきました。ある社長に「2時間テレビに映れ!」と言われましたが、私は48秒間で自分を表現したいと思います。




心の葛藤まで赤裸々に語る陸上競技会のスーパースターの姿は、全校生徒の心を打ちました。そして、心から応援したいと思いました。そんな武南の生徒の思いが届いたのか、彼の真摯な努力が実を結び、シドニーオリンピック出場と結びついたのでした。

陸上競技者として、人間として、素晴らしい逸材を輩出している武南高校陸上部。現役選手たちの中から、日本陸連強化本部長 山崎先輩のメガネに叶う選手が現れますように…。応援よろしくお願いします。

DSC_0030cut45_20130131121913.jpg

※陸上経験者を問わず部員募集しています。ご連絡下さい。


2013.01.31 Thu l 陸上部 l コメント (0) トラックバック (0) l top
日本陸連強化育成部長

山崎一彦(武南高出)

そういう見出しが躍る新聞の切り抜きが、職員室に貼られています。

DSC_3350m.jpg

400メートルハードルでシドニー、バルセロナ、アトランタ五輪に出場した山崎先輩の記事に、職員はみな足を止め、上手に今も陸上人生のハードルを越え続けている教え子の姿に、目を細め、あちこちで、こういう生徒だった、あんな選手だったと思い出話に花が咲いています。

こちらは、教頭先生が机の中をごそごそ探して出てきた山崎先輩の活躍を記事にした学級新聞、学年新聞です。

DSC_3362m.jpg

読み返してみると…栄光の輝きだけでなく、決して表舞台の日の当たるところだけを歩んできたわけではない先輩の素直な葛藤も語られていて、改めて感動してしまいました。

オリンピック3大会出場という偉業をなしえた先輩が、十数年前に後輩に語ってくれたメッセージを、近いうちにご紹介したいと思います。お楽しみに!




2013.01.28 Mon l 陸上部 l コメント (0) トラックバック (0) l top
全国高等学校 柔道選手権大会 埼玉県予選

1月19日(土)20(日)に上尾の県立武道館において、全国高等学校柔道選手権大会埼玉県予選の団体戦が開催されました。この大会は体重制限のない勝ち抜き戦で行われます。それだけに体力と持久力が勝負のカギとなってきます。

今年の武南には絶対的なポイントゲッターがいません。体格的にもやや見劣りするメンバーです。『柔よく剛を制す』とはよく言いますが、それでも体の大きい選手、力の強い選手の方が有利なことに違いありません。そういう意味で、今年はあまり期待できませんでした。

ただ、見劣りするメンバーにも関わらず、クジ運には恵まれました。上位進出のチャンスが出てきたのです。もちろん安心はできませんが「もしかしたら決勝まで行けるかもしれない。」そんな淡い期待を持って試合に臨みました。

初戦、二回戦、三回戦と順調に勝ち進みました。準々決勝で対戦すると想定していた春日部東高校には強い選手が1人いて、ここが勝負だと思っていました。しかし春日部東は3回戦でまさかの敗退。代わりに川越工業高校との対戦となりました。

川越工業高校とは今まで何度も対戦したことがあり、比較的分が良い相手です。心理的な有利さもあり、終わってみれば4人残しで準決勝に進みました。

準決勝の相手は立教新座高校。前回の新人戦でも対戦して敗れています。なんとかリベンジを、という気持ちでした。相手の先鋒は軽量級ながら組み手がうまく、体格で勝るこちらの選手を次々と投げていきます。3人抜かれたあと、こちらの副将がなんとか止めたものの残り2人で4人を相手にするのは難しく、あえなく力尽きました。

judo3位

強かった3年生が抜けたあと、戦力低下は否めない状態で挑んだ今大会。終わってみれば3位入賞と昨年度よりも好成績を残してくれました。4月にはまた有望な選手が入ってきます。昨年に引き続き関東大会、インターハイ出場を目指して毎日練習に励んでいきます。今後とも応援よろしくお願い致します。(柔道部顧問 福島智教)
2013.01.22 Tue l 柔道部 l コメント (0) トラックバック (0) l top
『小林が出したボールを津島が決める!』

そう新聞に見出しが躍ったのは12年前
冬の高校選手権 埼玉県大会 決勝戦 で優勝した時のことでした。

高校時代、サッカー部の練習でもペアーを組んでいた“相棒”が
この日12年ぶりに再結成されました。

一人は高校の社会科教師となり

DSC_3134m.jpg

もう一人はJリーガーになりました。

DSC_3111m.jpg

クラス目標が掲げられた教室、新しい掲示プランも進行中

DSC_2986m.jpg
DSC_2988m.jpg

こちらは1年C組、選抜クラス。
今日はJリーグ モンテディオ山形で活躍する小林亮先輩が、
元“相棒”の担任するクラスへ話をしにきてくれました。

DSC_2991m.jpg

小林先輩は夢をもつことの大切さを生徒たちに語りかけます。

DSC_2993m.jpg
DSC_3124m.jpg
DSC_3053mm.jpg
DSC_3032m.jpg

熱心に耳を傾ける生徒たち

DSC_3066m.jpg

校長先生も話を聞きながら、メモを走らせていらっしゃいました。

ここで津島先生から

「何か質問はありませんか」と

見事なアシストが入ります。

DSC_3006m.jpg

生徒達が積極的に手をあげて夢を実現した先輩に質問していきます。

DSC_3070m.jpg
DSC_3106m.jpg

小林先輩は、生徒たちからの質問すべてに、丁寧に答えてくれました。

「サッカーをやめたいと思ったことはありませんか?」という質問にも

「高校時代いつも一緒に練習していたツッシーや仲の良かった仲間がAチームでやっているというのに、自分は高校3年になってもしばらくBチームだったので、あの時はさすがに心が折れそうになりましたね。でもツッシーが支えてくれて…。だから、今の自分があるんだと思っています。最初に、柏レイソルに入団したのですが、レイソルは、ツッシーが中学まで所属していたクラブチームだったので、縁を感じましたね。」

正直に言葉を選んで話してくれる先輩に、生徒達はどんどん惹かれていきます。

DSC_3149m.jpg
DSC_3105m.jpg

奥さんも武南高校出身だということがわかると

「高校時代から付き合っていたのですか?」というプライベートな質問から

「津島先生は高校時代はモテてましたか?」というものまで講演はヒートアップ

DSC_3057mm.jpg
DSC_3109m.jpg
DSC_3044mm.jpg
DSC_3080m.jpg
DSC_3140m.jpg
DSC_3010m.jpg

和やかな雰囲気ですっかり打ち解けて最後にはみんなで記念写真を撮りました。

DSC_3179m.jpg

Jリーグで推奨している地域貢献活動『夢教室』の一環としての活動を
とても大切に考えている小林先輩は、
養護施設等にも積極的に参加されているそうです。

小林先輩、今日はありがとうございました。
体のメンテをしっかりして、いつまでもJリーグで活躍してください。
これからも応援していきたいと思います。



2013.01.12 Sat l サッカー部 l コメント (0) トラックバック (0) l top
初めての入試

武南中学校第一期生を選抜する初めての入試が実施されました。

DSC_2940m.jpg

詳細は BUNAN Advanced HP でご覧ください。


2013.01.10 Thu l 中高一貫校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
真夏の国からメリークリスマス!

修学旅行でファームステイをさせて頂いた
オーストラリアのパパとママから
2年H組のみなさんにクリスマスカードが届きました。

DSC_2421.jpg

真夏のオーストラリアからの心遣いに心温まる武南生でした。

オーストラリアの方々からのコメントを紹介します。

ファームでの生活を楽しんでくれましたよね。あなた達はワンダフルでしたよ。ご両親はあなた達のことを誇りに思っていることでしょうね。あなた達は見た目も、心もほんとうに美しい女の子ですね。きっと美しい女性になることでしょう。健康でしあわせな人生を送ることを願っています。ファームステイの経験をこれからもずっと覚えておいてくださいね。 愛をこめて 

羊の移動や、エミュとヤギを分けたり、ヤギの耳にタグをつけたりするのを手伝ってくれてありがとう。カンガルーを見せられなくてごめんなさいね。でも、エミューは見たわよね。今度はコアラを見せてあげるわね。素晴らしい英語をはなし続けてね。「習うより慣れよ。」

日本からの素敵な4人の男子生徒とすばらしい日を過ごしました。羊やアルパカに餌をあげたり、お母さんのたくさんの農場の仕事を手伝ってくれました。ロッククライミングに行ったり、岩にぶらさがったり、クリケットをしたり、たき火でマシィマロを焼いて食べたり…彼らにファームステイしてもらって楽しみました。子供達も日本の文化について多くのことを学んでいました。

私たちは本当にあなたがファームステイしてくれたことを楽しんだわ。あなたも鶏に餌をあげたり、うちの子供達と一緒に卵を集めたりして楽しんでくれたわよね。私はあなたの英語力には感動したわ。話せば話すほど、自信がついてくるものよ。いつでも英語を話し続けてね。


修学旅行の体験が、各自の心の中で“化学反応”することを祈ります。
2012.12.25 Tue l クラスの話題 l コメント (0) トラックバック (0) l top
プリンスリーグへ昇格

サッカー部がプリンスリーグ入れ替え戦で延長の末、
強豪栃木SCユースを2-1で破り、
見事プリンスリーグへの昇格を決めました。

DSC_1496.jpg
<写真は春の大会より>

「今年3本の指に入るいい試合でしたよ。」と津島コーチは笑顔で胸を張りました。

やはり、サッカー部が勝つと元気がでます。
これからも応援よろしくお願いします。


2012.12.15 Sat l サッカー部 l コメント (0) トラックバック (0) l top
理系選抜クラス訪問記

期末テスト直後の2年理系選抜クラスへお邪魔しました。

DSC_2368m.jpg

教室の後ろに、担任の先生のクラス経営マニフェストが掲げられています。

『自立・素直・時間・問題量』

そして、あいだみつをさんの詩も添えられています。

『花を支える枝 枝を支える幹 幹を支える根 根はみえねんだな』

DSC_2311m.jpg

国立大を目指そう!というスローガン

DSC_2308m.jpg

実力テストのランキング表も貼られています。

DSC_2315m.jpg

先生の話に真剣に耳を傾けている女子生徒にクラスの様子を聞くと

DSC_2374m.jpg

「B組は行事をするごとに男女の仲もよくなってきて本当に良いクラスなんですよ~。
 受験に関して言えば、いよいよ私たちの番が近づいてきた気がします。
 もう始めている仲間もいるので、
 私も頑張らなくっちゃって思っているところです。」
 
と明るく答えてくれました。

その言葉通り、壁にはクラスの仲間の写真がたくさん貼られています。

DSC_2304m.jpg

オーストラリア修学旅行の写真と Who is he? Who is she? という
B組メンバーの幼い時の写真です。

DSC_2408m.jpg

帰りのホームルーム終了後、
オーストラリアのホストファミリーにクリスマスカードを準備している生徒がいました。

DSC_2391m.jpg

写真を切り取って、ひと工夫する生徒もいます。

DSC_2420m.jpg

最後には先生に確認してもらっていました。

DSC_2381m.jpg

選抜コースB組は、
各自がそれぞれの花を咲かすべく、仲間の枝となり根にもなるとても素敵なクラスのように思えました。

2012.12.15 Sat l クラスの話題 l コメント (0) トラックバック (0) l top
次代を創るのは武南から!

1年生の総合学習の時間に、
社会で活躍する方々に集まっていただき、
講演をしていただきました。
20年ぶりに母校に帰ってきたOBOGもいて、
控室でも盛り上がり、
その勢いで生徒の待つ教室で熱弁をふるいました。

DSC_1825m.jpg
DSC_1977m.jpg
DSC_2085m.jpg
DSC_2064m.jpg
DSC_1819m.jpg
DSC_1870m.jpg
DSC_2111m.jpg
DSC_1957m.jpg
DSC_1922m.jpg

講師の先生自らがデザインした帽子が、生徒達の机に置かれていました。

DSC_1941m.jpg
DSC_1940m.jpg
DSC_2037m.jpg
DSC_1910m.jpg
DSC_2096m.jpg
DSC_2130m.jpg
DSC_2007m.jpg
DSC_2179m.jpg

「まさか自分が講師として武南に戻ってくるなんて…」
OBのひとりがそんなことを言いました。
それでも、思い切って参加することに決め、
現在の仕事を高校生にもわかるように話をまとめる作業をし、
武南の後輩達の前に立って熱く思いを語ると…
生徒達の反応から、感じること、得るものがたくさんあったようです。
立派に成長したOBOG達。
講演終了後、世代の違う同窓の同士とも名刺を交換し、
ネットワークを広げていく姿は頼もしくも見え、
とてもうれしく思いました。

講師の先生方の話からヒントを得て、
生徒一人ひとりが創意工夫をこらし
自らの未来予想図を色鮮やかに描いて欲しいですね。

DSC_1828m.jpg

次代を創れ!武南生!!武南卒業生!!!

2012.11.17 Sat l キャリア教育 l コメント (0) トラックバック (1) l top
男子バレーボール部練習会のお知らせ

対象 中学校3年生
日時 11月18日(日)午前9時~ 
場所 武南高校体育館 埼玉県蕨市塚越5-10-21 TEL048-441-6948
持ち物 バレーボール用具一式

前回に引き続き練習会を開催いたします。

写真2decom

これまでの練習会では戸田市や川口市、東京都内の中学校からもご参加を頂きました。武南高校を進路選択の選択肢に考えているという生徒はもちろんのこと高校でもバレーボールを続けたいと考えていて高校・大学・社会人といった中学校以上のバレーボールのレベルを体感してみたいという生徒も大歓迎です!個人でも友達と一緒にでも結構ですので是非奮ってご参加下さい!

武南高校男子バレーボール部に所属する3人のバレーボール専門のスタッフが中学生にむけた質の高い練習メニューを考えてお待ちしています。

写真1m

参加希望の方は
武南高校 TEL048-441-6948
男子バレーボール部顧問 松井 まで
電話連絡の後希望人数をお伝えください。
2012.11.09 Fri l バレー部 l コメント (0) トラックバック (1) l top
陸上部の陰の功労者

埼玉県高体連より武南高校陸上競技部顧問濱野先生が表彰されました。

DSC_0037m.jpg

今年、インターハイで入賞したマイルリレーチームを支えてきた功績が高く評価されたものでした。

顧問となって約10年になる濱野先生は、今回の功績を謙虚にこうおっしゃいます。

「陸上部の顧問になって、生徒たちの普段の姿と違う一面に気づけて、とても勉強になったと思います。競技指導に関しては、尾花先生にお任せしているので、私は、隣で、大きな声で笑って、たくさん食べてただけですよ…(笑)。」

DSC_0057m.jpg

今回の受賞を祝って、現役部員達からもコメントが寄せられました。

「顧問の尾花先生や碓井先生とは違った仕事をしていて、陸上部の事務的なことをすべてやってくださっている先生です。常に周りを見ていて誰かのためにいつも動いてくださっています。」

「みんなの心の支えになっている部活に必要不可欠な存在です。」

「いつも私達が気がつかない仕事も的確に指示してもらっているのでマネージャーにとって、とても頼りになる先生です。」

「陸上以外でも普段の生活のことも気にかけてくださってうれしいです。」

「濱野先生は陸上部に本当に信頼されている先生だと思います。」

「辛い練習の時など声をかけてくれるとても優しい先生です。」

「濱野先生のような先生に、私もなれたらいいなと思います。」


濱野先生に部活顧問をやってきて、うれしかったことは何ですか?と尋ねると…しばらく考えて

「毎日の練習かな(笑)…でも、ここぞというところで選手が最高のパフォーマンスを発揮してくれたときは、ほんとうに感動しますね。」

辛かったことは?と尋ねると…こちらは即答で…

「合宿で食べ過ぎちゃうこと(笑)」

という愉快な答えが返ってきました。


全力で走る!飛ぶ!投げる!選手達を、陰で支える明るい濱野先生の笑顔があってはじめて、すべての試合を一丸となって戦う常勝武南高校陸上競技部の強さに深みがますのだと思いました。受賞おめでとうございました。

2012.10.21 Sun l 陸上部 l コメント (0) トラックバック (0) l top
個別相談会予約状況

武南高校個別相談会にお越しいただく際には、事前予約が必要となります。
10月28日の相談会への参加は
すでに大勢の方にお申し込みいただきましたので、
大変申し訳ございませんが、
申し込みを締め切らせていただきます。

武南高校の個別相談会は、
早く相談会に参加した方が有利ということは全くございません。
例年、12月1日、15日頃の個別相談ですと、
お待たせすることなく対応させていただけると思います。
ご理解いただければと思います。

今後の個別相談会日程

10/28(日)13:00~15:00 <締切とさせて頂きました>
11/ 3(土)13:00~15:00 <受付中>
11/10(土)13:00~15:00 <受付中>
11/17(土)14:00~16:00 <受付中>
11/24(土)14:00~16:00 <受付中>
11/25(日)10:00~12:00 <受付中>
12/ 1(土)14:00~16:00 <受付中>
12/ 8(土)13:00~15:00 <受付中>
12/15(土)13:00~15:00 <受付中>
12/24(月)10:00~12:00 <受付中>


差し込み用mm

2012.10.11 Thu l 入試案内 l コメント (0) トラックバック (0) l top
第1回 入試説明会のお知らせ

10月13日(土)第1回 入試説明会を行います。

午前の部 10:00~
午後の部 13:00~  の2回行います。

同一内容なので、どちらか一方にご参加ください。
午前の部は例年込み合う場合が多く、
お座席を確保できない場合もございます。
ご都合がつくようでしたら
午後の部にお越しください。

差し込み用3mm

午前の部
10:00~11:15 入試説明会
11:30~12:00 特進説明会

午後の部
13:00~14:15 入試説明会
14:30~15:00 特進説明会


特進に関することも含め、入試説明会では概要をお話させていただきます。
特進説明会は、ご希望者のみご参加ください。こちらでは、
具体的な特進コースでの取り組み等をお話しさせていただきます。


上履きをご用意ください。
申し訳ございません。駐車場の用意がございませんので、
お車でのお越しはご遠慮ください。
2012.10.10 Wed l 入試案内 l コメント (0) トラックバック (0) l top
武南中学 イブニング説明会

第1回 武南中学イブニング説明会が行われました。
小雨の降る中、30名ほどの参加者がありました。
ご家族でいらっしゃった方々、仕事帰りのお父様、お母様、
ありがとうございました。

DSC_1319m.jpg


第2回武南中学イブニング説明会のお知らせ


10月10日(水)18:30分より本校で行います。
こちらの内容は、武南中学へ初めて足を運んでいただく方向けのものです。
7月16日、9月22日、10月3日に行ったものと同一内容となります。
これまでご都合がつかなかった方、
武南に中学ができるのかと知って関心を持たれた方など
皆様のご参加を心よりお待ちもうしあげます。

※上履きをご用意ください。
※大変申し訳ございませんが駐車場の用意がございません。お車でのお越しはご遠慮ください。
2012.10.04 Thu l 中高一貫校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
仲間、笑顔、絆、武南の体育祭

体育祭が行われました。
また、武南生の素晴らしいところを魅せてもらったような気がします。

DSC_1203decom.jpg

笑顔でテープを切るゴールシーンは…
本当にうれしそうで…青春の宝物!キラキラ輝いて見えました。

DSC_0978m.jpg

試合前は円陣を作って気合いを入れていました。

GOPR8132decom.jpg

仲間と息を合わせ、心をひとつにしてジャンプします。

DSC_1156m.jpg

障害物競争では、

DSC_0843m.jpg

コスプレをして障害を乗り越えていきます。

DSC_0933decom.jpg

サンタになったり…

DSC_0846m.jpg

顔を白くしたり…

DSC_0935decom.jpg

笑顔で走り抜けていきました。

DSC_1025decom.jpg

騎馬戦は勇ましく

GOPR8246decom.jpg

試合に勝つたびに雄たけびをあげ、
よろこびを全身で表現しながら体育祭を盛り上げていきます。

GOPR8360decom.jpg

時間が経つにつれて、
仲間との絆が固くなっていくのが見えるようでした。

GOPR8421decom.jpg

武南のリレーは、ハイレベル!真剣そのもの!かっこいいです!

DSC_1229m.jpg

勝っても、負けても、心に大切な何かが残った一日でした。

DSC_1284m.jpg

競技の後には、けじめをつけて、礼を忘れない…
そんなところも武南の体育祭の良いところだと思いました。

GOPR8503decom.jpg

「良い体育祭でしたね。」

校長先生からもお褒めの言葉を頂きました。

一生懸命になってみるって…ステキなことですね。
お疲れ様でした。
2012.09.27 Thu l 体育祭 l コメント (0) トラックバック (0) l top
陸でも王者?水泳部

水泳部は、とてもチームワークのある部活です。
生徒達はみなさん、心やさしく、
体育祭でも、ひとつになって、部員を応援していました。

女子副キャプテン…かわいいウサギのきぐるみを着て、爆走していきます。

DSC_0883m.jpg

少し遅れる副キャプテン…でも…もう順位なんて関係ありません。

GOPR7939decom.jpg

こんな素敵な仲間がいるんですから…。
2012.09.27 Thu l 水泳部 l コメント (0) トラックバック (0) l top
女子バレー部の挑戦

いよいよ来月10月には3つの大会「1年生大会」「川口市内大会」「選手権大会一次予選」が待ち構えています。これらの大会に向けて、22日(土)には大宮光陵高校と、23日(日)には浦和西高校と練習試合を行いました。本番さながらの熱き闘いが繰り広げられました。

写真は23日の浦和西高校との練習試合の様子です。

IMG_2645m.jpg
IMG_2640m.jpg
IMG_2641m.jpg
IMG_2624m.jpg

来週30日(日)にはオープンスクールが実施され、13時から体育館で中3対象の練習会
もあります。事前の申込みは必要ありませんので、是非お越しください。お待ちしています。

2012.09.24 Mon l バレー部 l コメント (0) トラックバック (0) l top
走れ!飛べ!投げろ!陸上部の夏

1年生陸上部員にこの夏の思い出を聞いてみました。

●夏合宿はどんなでしたか?
いい経験になった。
めっちゃきつかった。
自分の弱さを改めて知りました。
人生であんなに走ったのは初めてだった。
色々つらかったが、大きく進歩ができました。
合宿の最終日にホームが改善できたのが一番うれしかったです。
合宿が終わってから記録がのびた気がする。
みんなとより友情を深めることができた。
合宿の練習中、疲れている中、みんな大きな声をだしたり大きな声で応援したりしてみんな団結していました。
投擲の「燃える足」という練習がすごく感動した。
合宿の食事は美味しって量も凄かった。

●『マイルの武南復活』をどう思いましたか?
全国大会に出場できてすばらしいと思う。
応援しているこっちが緊張しました。
関東大会の時、1位で武南がゴールした時は、めっちゃ鳥肌が立ててほんと感動しました。
これだけ400mの速い選手が揃うことは相当すごいことだと思います。
みんなが、がんばったから全国5位入賞が実現できたのだと思います。
この勢いを絶やさないようにしたい。

DSC_0027cutm.jpg

●中学生にひと言
めっちゃいい部活!
練習中の雰囲気もいいし、先生や練習場所にも恵まれている。
先輩も本当に優しいです。
おもしろい先輩たちがいてとても楽しいです。
OBの先輩が教えにきてくれて、とても速くなれます。
どこの部活も活発なので、運動部、文化部、どちらでも入ることをおすすめします。


中学生のみなさんへ
一度、本格的な陸上部の練習に参加してみませんか?
詳しくは武南高校陸上競技部公式サイトをご覧ください。
みなさんのチャレンジをお待ちしています。

DSC_0030cut45.jpg
2012.09.20 Thu l 陸上部 l コメント (0) トラックバック (0) l top
武南の魅力

魅力って…なんでしょう?

学校の魅力を計るのに、数値や形となって見えるものと、
形にはならないけど、生徒たちの記憶に深く残るものがあると思います。

「文化祭に、OBがたくさん来ていらっしゃいますね~。こういう私学は珍しいですね。」

外部からお越しの方にそう声をかけていただきました。
これは武南の魅力のひとつかもしれません。


廣澤教頭先生を慕い、10年以上前の教え子が訪ねてきて、
近況を話したり、爆笑したり…見ていてとても微笑ましく思いました。

DSC_0522m.jpg

文化祭のステージでは、生徒と教員がひとつのリズムに揺れていました。

DSC_0570m.jpg

武南高校は…
生徒と教員が一緒になって盛り上がり、ケジメもしっかりつけられる明るい進学校でありたい。
文化祭を見ていてそう思いました。

2012.09.16 Sun l 教師力 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Rock You!

体育館のステージが強烈なロックのビートに揺れました。

DSC_0530m.jpg

♪We will, we will rock you♪

DSC_0551m.jpg

よ~く見ると…3年生のバンドに、
顧問の菊地先生がギターで、野口先生がボーカルで、
参加していました。

DSC_0560m.jpg

部員と顧問が、ひとつのバンドとして見事なパフォーマンスで会場を盛り上げます。

DSC_0587m.jpg

生徒と教師がひとつの強烈なリズムに弾んでいる姿は…
TVドラマの世界を見ているようでもあり、感動してしまいました。

一緒に盛り上がり、同じ夢を追い、それでも、教師と生徒のケジメは忘れない。

DSC_0569m.jpg

これが武南だろ!そういう武南でありたいだろう!

そんな思いに心揺さぶられました。


2012.09.16 Sun l 軽音楽部 l コメント (0) トラックバック (0) l top
和の世界 華の世界

華道部は今年も書道部とコラボしての参加となりました。

DSC_0513m.jpg

書に華がよく似合って、教室もすっかり別世界のようです。

DSC_0478m.jpg

観に来ていた生徒たちも、受験勉強の疲れを癒していました。

DSC_0486m.jpg

鉢の中で折り重なって作られる華の世界

DSC_0474m.jpg

シンメトリーで整えられたものではない調和の美しさに

DSC_0475m_20120916172911.jpg

華をめでることも日常生活に必要なことなのですね。日本文化の美意識の高さを感じました。
華道部のみなさん、素晴らしい世界をありがとうございました。
2012.09.16 Sun l 華道部 l コメント (0) トラックバック (0) l top
虹色の明日へつづけ…

人数が揃ってきて、『合唱部』らしくなってきた武南高校合唱部は
今回、少し難しい曲に挑戦しました。

DSC_0469m.jpg

歌いだす前の緊張感…
暑い舞台の上で汗も輝いています。

DSC_0459m.jpg

ピアノの伴奏に合わせ歌いだします。

DSC_0450m.jpg

♪曲がりくねった道の途中で
 いくつもの分岐点に僕等は出会うだろう
 だけどもう振り返らなくっていいんだよ
 君だけの道をその足で歩いて行くんだよ♪

DSC_0445m.jpg

ゆずの名曲『虹』が心に染みてきます。

DSC_0456m_20120916091212.jpg

♪遠回りしたっていいさ 時にはつまづくこともあるさ
 でも答えはいつも君だけのものだから…♪

アレンジも素敵で、ハーモニーの心地よいこと!

DSC_0443m.jpg

♪届け 届け 届け
 暗闇の中で泣いてたんだね
 希望を乗せて空に響け♪

DSC_0434m.jpg

♪超えて 超えて 超えて
 流した涙はいつしか
 筋の光にかわる
 虹色の明日へ続く…♪

例年素晴らし日パフォーマンスを見せてくれる合唱部ですが
10名を超えて聴かせる歌声は、本当に素晴らしいものでした。

部員の中には、特進クラスの生徒、バトミントン部員、水泳部員、軽音楽部員等
兼部をしている人も多くいるようです。

みなさんもこれから一緒にいかがですか?

2012.09.16 Sun l 合唱部 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ふっくらマフィンいかがですか?

文化祭で買い忘れているもの…ありませんか?

毎年、大人気なのが、家庭部の名物『武南饅頭』です。
そして、今年大注目なのが…
愛情たっぷりのほんわかマフィン。

早朝の家庭科室を訪ね、作り方を教わってきました。

DSC_0375m_20120916084420.jpg

小麦粉(薄力粉)に、バター、牛乳、卵を混ぜてかきまぜます。

DSC_0394mm.jpgDSC_0393mm.jpg

ベースを作ったところで、抹茶、チョコレートを加え味をととのえ
焼き上がりを考慮して型に流し込み…オーブンで30分

DSC_0390m.jpgDSC_0374m.jpg

焼き上がりは特に美味しい。

DSC_0402m.jpg

部員たちの笑顔付きでこのお値段!

DSC_0407m.jpg

出来上がりは…特に美味しい!売り切れ御免!早い者勝ちですよ!

2012.09.16 Sun l 家庭科部 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先人との心の会話を楽しむ

書道部の魅力って何ですか?部長の山下さんに尋ねると

DSC_0322m.jpg

「ただ文字を写してるわけではなく、
 歴史も勉強して書に向かっているので
 昔の人と心を通わせているようにも感じられるところに魅力を感じます。」

DSC_0276m.jpg

野球部でも甲子園を目指してがんばってきた福島くんは言います。

DSC_0299m.jpg

「書いているときは『無心』。書き終わって眺めると清々しい達成感があるんです。」

文字一文字一文字が立派な書
書かれたすべての文字がひとつの絵として見事な書
色々な書が並んでいました。

それでは、武南高校書道部の実力をご紹介しましょう。

●埼玉県書写書道教育連盟賞

DSC_0262m.jpg

●推薦賞

DSC_0263m.jpg

●高校生国際美術展 奨励賞(書の部)

DSC_0347m.jpg

以上のような輝かしい成果をおさめています。
書道の魅力を生徒に伝える高橋先生はおっしゃいます。

「生徒ひとり一人にあった、筆運びを学習できる文字を選んで書かせているんです。
 福島くんの場合は、『仁道』でした。」

DSC_0361m.jpg

福島くんもこたえます。

「確かに、この『仁道』は、自分が野球部を引退してから
 真剣に、書に取り組もうというきっかけになった言葉です。」

最後に、部員全員で書いた『書道パフォーマンス』を紹介しましょう。

DSC_0508m.jpg

チームワークも抜群です!

こちらは3年生の書道部員のみなさんです。

DSC_0496m.jpg

10名を超える部員で普段は活動しているそうです。
興味のある方は是非入部してみてはいかがですか?


2012.09.15 Sat l 書道部 l コメント (0) トラックバック (0) l top
文化祭が始まりました!

武南祭が始まりました。

DSC_0199m.jpg

校庭にカラフルなTシャツが並びます。

DSCF0317m.jpg

こちらは…今回の開催に尽力した生徒会メンバー

DSC_0247m.jpg

彼らの努力が実りあるものになりますように…心からそう祈ります!

武南名物…Tシャツコンテスト

DSC_0205m.jpg

それでは、各クラスの作品をご覧ください。

DSC_0208m.jpg
DSC_0209m.jpg
DSC_0210m.jpg
DSC_0213m.jpg
「愛してるの言葉じゃ足りないくらいJが好き!」…気になって教室をのぞくと
DSC_0172m.jpg
明るい笑顔で迎えてくれました。
DSC_0215m.jpg
DSC_0219m.jpg
先生の似顔絵Tシャツも風に揺れていました。
DSC_0203m.jpg
DSC_0220m.jpg
DSC_0221m.jpg
DSC_0222m.jpg
DSC_0229m.jpg
DSC_0223m.jpg
DSC_0226m.jpg
DSC_0230m.jpg
DSC_0232m.jpg
DSC_0233m.jpg
DSC_0235m.jpg
DSC_0236m.jpg
DSC_0237m.jpg

全クラス紹介できなくって…ごめんなさい!

DSC_0192m.jpg

最高の文化祭にしましょう!

2012.09.15 Sat l 文化祭 l コメント (0) トラックバック (0) l top